BACK

pagetop

fgman

――では、収録曲の中から、個人的に思い入れのある曲をピックアップしていきたいんですが、どのあたりになります?
石坪(Vo./Ba.) やっぱり、「Beginning」と「Shining」とかになるかな~。「Beginning」について思うのは、ベックが編曲してくれたんですけど、自分がいいと思うメロディーの広がりを上手く出せたなって。この曲がキッカケでバンド自体も幅が出たというか。メロディックの枠組みのとらわれない、いろんなことができるバンドっていう。で、「Beginning」の第2章じゃないけど、そういう雰囲気を持つのが「Shininig」。この2曲ができたことによって、自分が頭の中で描くモノがひとつのジャンルになり得たみたいなところがあるんです。
――既存のジャンルの話ではなく、自分なりに描きたい空気がその2曲は持っているという。
石坪 そうですね。他にも、今回は収録できなかったですけど、「Cosmos」もそういう流れだったりするんですよ。
智恵(Vo./G.) 私は「Heroine」なのかな。さっき、普通とか言っちゃいましたけど(笑)。やっぱり、デカいかもしれないです。歌詞しかり、歌しかり。このバンドをやる前、弾き語りで歌うことを始めたころからの気持ちを「Heroine」の歌詞にはパッケージできた気がするんです。で、そこにボッチ(石坪)とベック(阿部)の声も乗っかってきて、今は3人でやってるっていう証にもなってるし。

――紐解いてみれば特別だったと。
智恵 あとは「Marigold」。「Heroine」とは真逆というか、強い自分を歌詞にこめることができて。今の自分にいちばん近しい歌詞というか、改めて新しい部分も入れられたみたいなイメージがあります。
阿部(Vo./Dr.) そうやって選ぶのも難しいけど……「Pike your shield」かな。ちょっとメイン・ヴォーカルもしてるし。今後、あるかどうかわからないですけど(笑)。
――ハハハハ(笑)。3人の声の重なりって、このバンドの魅力のひとつでしょうけど、阿部さんがメインで歌う部分があったのは新しかったですよね。
阿部 そういうキッカケになりましたね。
――ただ、ライヴではホントにキツそうですけど……。
阿部 キツいっす! メインで歌うにも関わらず、ドラムはいろんな楽曲の中でも結構攻めてる方だし。だからこそ、オレの持ち味が出てるのかなって。
――先ほど、阿部さんのイチオシで「Lifework」を収録することになったという話もありましたけど、この曲については?
阿部 スローな曲は「Ways」や「Twenty」もあれど、ここまでバラードっていうのは他にないじゃないですか。あとは、純粋に凄くいい曲だと思えるっていう。
智恵 ボッチが歌い上げるのもいい感じだよね。

fgman

――しかしながら、思い入れとなると、もっと初期の曲が挙がるのかと思ってました。
阿部 それを言っちゃうとそうなんですけど、もちろん「Firm resolution」とかずっとやってるし、何回も録ってるし、思い入れはあるけど……だから、もう全曲っすね(笑)。
――ちなみに、ライヴでいちばんやってる曲というと「Firm resolution」になります?
石坪 そうかも……あと、「Start all over」とか。
智恵 「Chase after rainbows」も多いかも。
石坪 あ~。でも、「Chase after rainbows」は最近やらないことも多いから、「Firm resolution」じゃないかな。
阿部 「Start all over」はメチャクチャやってる気がするけど、歴で言ったら「Firm resolution」だと。もうやり過ぎちゃって、体の一部みたくなってます(笑)。ライヴでは外せない曲ではありますからね、やっぱ。
――その外せない感じって、どういうモノなんですかね?

石坪 「Our chords」の歌詞とも重なるんですけど、ライヴで伝えたい感じがいちばんわかりやすく出る曲っていうことなんじゃないかと思います。FOUR GET ME A NOTSはこういうバンドなんだ、こういうライヴをするんだっていうのが。
智恵 あと、長年やってるのもあって、手を差し出したら握り返してくれるのを凄く感じられる曲だったりもして。やればやるほど楽しいし、幸せって思えるし。
――10年以上やってるわけですけど、飽きたりしません?
石坪 演奏するだけだったら飽きるだろうけど、ライヴで飽きることはないですね。お客さんとのやり取りがあるし、毎回のように違う景色になるっていう。
――話に挙がった曲のみならず、たくさんの曲が収録されているわけで、いい入り口になりそうな作品ですよね。
智恵 そうですね。で、このベストアルバムを聴いた人が「この曲はどんな作品に入ってるんだろう?」と掘り下げて、広げていってくれたら嬉しいなって。これだけリリースしてるから知らない曲もあるだろうし。そういうキッカケになればいいなと思ってます。

fgman

――そして、新曲である「Our chords」についてですが、やはり既存の曲だけでは物足りなかったと。
石坪 ただ、結構ギリギリに収録しようって決めたんですよ。それこそ、昨年12月の頭とか(笑)。
智恵 でも、ホントにやってよかったなと。
――ベストアルバムに収録することが前提だったわけですけど、どんなイメージで制作を進めたんですか?
智恵 暗い感じよりは、明るい元気な自分たちの雰囲気が伝わる方がいいんじゃないかっていう話はしましたね。
石坪 さっきの「Firm resolution」の話とちょっと重なるんですけど、ライヴで自分たちが伝えたい感じっていうか、それをバシッと表してるような曲がいいだろうと。
――仕上がりとしては、ポップで軽快さに溢れてますよね。
石坪 これまでの中でもいちばんポップな感じかもしれないですね。感触として、ライヴを経てきたからこそ、できたニュアンスだなと思ってて。今の自分たちがライヴでプレイしたら絶対にいいだろうっていう。バンドのムードが投影されてると思います。
智恵 だから、作ろうとして作ったっていうよりも、自然に出てきたみたいなところもあるんです。
阿部 ちなみに、どう聴こえました?

――こういうタイミングのベストアルバムにふさわしい曲だなと思いましたよ。ベストアルバムはネガティブなイメージを持たれたりすることもあるけど、この作品はそうじゃなくて。ひとつの幕は閉じるかもしれないけど、同時に新しい扉を開けてるっていう想いが歌詞にも綴られてるじゃないですか。
智恵 まさしくです! 心配しなくてもいるからっていうのを、やっぱり伝えたいと思って。世ではそういう噂も飛び交うだろうし(笑)。 一同 ハハハハ(笑)。
智恵 あと、10周年を終えて、肩の力が抜けたというか、足元や後ろをしっかり見据えることもできたから、こういう曲になったんだなと思ってますね。
――ただ、もっと前のめりな曲がくるんじゃないかと想像してたところもあったんですよ。
智恵 たぶん、そういうのも意識せずに作ってたのかも。こうでなきゃいけないっていうのがなくて、こう歌って、このコーラスがいい感じだから入れてみようみたいな、シンプルにいいと思ったモノを重ねていって、この曲が完成してるんです。
阿部 何かあるとするならば、今までもしっかり継承しつつ、新しい部分を出したかったっていう。『AUTHENTIC』までの経験に加えて、ここから新しい扉を開くっていう意味で。そういったことも含めて、いい曲になったと感じてますよ。
――となると、これからのFOUR GET ME A NOTSの中心線にいるような曲でもあると?
石坪 こういう表情もあるっていうより、結構ど真ん中に近い気はしますね。で、ライヴでよくやる曲になりそうな予感もするし。
智恵 大事な曲にはなるだろうし、ずっと歌われてく曲でもあるだろうなというイメージはあります。10周年を終えて、初めて作った曲でもあり、その分のメッセージもこめたから。

fgman

――また、初回限定盤には昨年10月のワンマンの映像が収録されたDVDがついてますよね。これは、ベストアルバムからこぼれた曲をあえて選んだんですか?
石坪 そういうのもありつつ、『ELIXIR』と『AUTHENTIC』につけたDVDの曲とかぶらないようにっていうのもあったりして。
智恵 あと、単純にリクエストで選ばれた曲をやったワンマンなので、単純に普段聴けるような曲たちが少ないライヴでもあったんですよ。
阿部 だから、『ELIXIR』と『AUTHENTIC』の映像とはひと味違う内容にもなってて。その2つの映像って、結構ドカーンって感じだったじゃないですか。今回は聴かせる曲も多く入ってるから、また違った表情のオレらを楽しめるだろうし。
――ちなみに、普段やってない曲がバッと並んだワンマンの印象は?
石坪 自分たちも新鮮だったし、お客さんもそれを感じ取ってくれて、凄く面白いライヴになりましたね。
阿部 実際、自分たちじゃあんまり思いつかないようなセットリストにもなったし。
――久しぶりにライヴで演奏してみて、改めて面白さに気づいた曲があったりも?
阿部 「Melting snow, this feeling is dead」なんか、全然やってこなかったんですよ。それこそ、『DOWN TO EARTH』のツアー以来だったんじゃないかな。でも、季節感のある曲だし、意外とハマるなって。リクエストでも上位に食い込んでたりして、これからライヴでやっていってもいいのかなと。
智恵 リクエストしてもらった曲は、全部そういう印象があったかも。その曲たちのいいところを改めて発見できたみたいな。
阿部 それこそ、「Blue」もそうだったし、「Rivals」も全然やってなかったけどいいなと。
石坪 だから……いい曲が多いなと思いました(笑)。 一同 ハハハハ(笑)。

――ここにきて自画自賛と(笑)。
智恵 しかも、その当時やってたときは精一杯だったのもあるんだろうけど、そこから積み重ねながらずっとやってきて、表現する余裕がいい意味で増えたっていうか。より感じられたし、周りを見る余裕があったり。
阿部 たしかにそうだね。
智恵 景色が全然違ったんですよね。
石坪 それに、触れてない期間があったから、ここはもっとこうした方がいいみたいに、その曲を客観的に見れるようにもなってて。
智恵 曲がまた進化しそうな気もしたり。
石坪 あれですね、寝かしも時には重要ですね(笑)。 一同 ハハハハ(笑)。
阿部 このDVDがついたことによって、聴いて観て楽しめる作品にもなったし。両方を合わせて、よりベストアルバムみたいな感じかなって。
智恵 それと、ちょっと話はズレちゃうんですけど、ベストアルバムを手にとった人は是非ジャケにも注目をしてもらえたら。これって、実はウチらが最初から立ってる千葉LOOKのステージを撮った写真なんです。始まった場所であり、今もこうやって立ち続けられてる場所なので、そこにウチらがいる姿を想像しながらベストアルバムを聴いてもらえたら嬉しいなと思ってます。

fgman

――そして、リリースの記念ライヴが3月29日に下北沢SHELTERで開催されますが、昼公演っていうのが面白いですよね。
智恵 いろんなところから来て欲しいなと考えたんです。土日が仕事の人には申し訳ないですけど、日曜の昼間だったら、前日のことを気にしないでいいかもしれないし、地方からも駆けつけやすいだろうし。11周年目の出発式をみんなで一緒にやりたいし。
阿部 あと、早く終わればみんなも飲みに行けるじゃないですか(笑)。 一同 ハハハハ(笑)。
阿部 ライヴハウスで久しぶりに会う友達もいるだろうし、終電を気にせず楽しく飲んで、いい時間に帰るっていうのがみんなできるだろうなって。
――勝手なリクエストですけど、このベストアルバムって世に出た順番通りの曲順になってるじゃないですか。だから、ライヴもこの曲順だったら面白いだろうなと思ってて。バンドの進化や成長をどんどん感じていけるっていう。
智恵 それ、楽しいですね。お客さんが聴いてきた通りに鳴るっていう。
石坪 アリかもしれないので、考えておきます(笑)。

――もちろん、その曲順通りにやったとしても、その瞬間でしか楽しめない日になるでしょうしね。
智恵 それがライヴですからね。これは「Our chords」の歌詞にもこめた気持ちではあるんですけど、今こういう世の中で、何でもネットで見れちゃったり、触りだけで物事を判断できちゃったりして。選択肢がメチャメチャある中で、私たちはライヴハウスをひとつひとつ廻って、その一瞬一瞬を楽しむ為に、みんなと共有する為にやってきた10年間があって。もちろん、それはこれからもやっていくんですけど、FOUR GET ME A NOTSというバンドを気にしてくれるんであれば、次の機会でいいかなとかじゃなくて、一瞬は一瞬しかないから、その大事な一瞬を共に過ごしていければいいなと願ってます。
――もちろん、バンドは足踏みするわけでもなく、休憩するわけでもないと。
石坪 そうですね。ライヴも結構先まで決まってたりするし、新作に も取り掛かる予定ですから。
智恵 今、制作意慾がメチャメチャあるんですよ。
石坪 それこそ、「Our chords」も新曲を作っている中で、フレーズを合わせた1曲もあるし。
阿部 どういう曲が出てくるのか、楽しみにしてて欲しいですね。